占い師 雪花 ( ゆきはな ) in 栃木

よき占い師になれますように。
by yukinohana03jp
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鬼を一車に載す

2011年4月8日 の asahi.com(朝日新聞社) の 原発の事故についての記事のタイトルです。

<引用>
 人類の歴史上、ルネサンス以後に広まった普遍的な新興宗教は「科学」だ。その進歩は常に人類に福音をもたらすと、万能の神のごとく絶対視されてきた。確かに今日まで文明の進歩に貢献してきた。
 その科学信仰が揺らぎ始めたのは、ヒロシマ・ナガサキの悲劇をもたらした核兵器の開発だった。科学が初めて人類を滅亡にさらすもろ刃の剣であることが証明されたからだ。
 それでも科学は核も制御できると人類は挑戦を続け、化石燃料に代わるエネルギー源として放射能を原子炉に閉じ込める原子力発電に踏み切った。その恩恵に浴している我々だが、原発事故で飛散した放射能に被曝(ひばく)したかどうかは視覚、聴覚、嗅覚(きゅうかく)、味覚、触覚の人間の五感では感知できない。怖い鬼を同乗させる「鬼を一車に載す」恐ろしさがある。

「鬼を一車に載す」という表現は 易経の中にあります。
38番目の卦 「火沢けい」の上九の爻辞にその文があります。
鬼とは幽霊のようなものです。
疑いの心をもって相手を見ると、相手の車を曳いているのは汚い豚、
その車には鬼がたくさん乗っている。弓をつがえて相手を射ようとするが
だんだん近づいてくると、それは誤解だとわかり、弓をおろす。
その相手は敵ではなく、結婚すべき相手であった。

というふうな、なかなか深い話なのです。

ネットのことわざ事典では下記のように書かれています。
鬼を一車に載すの意味
非常に恐ろしく危険なことのたとえで、一台の車に、鬼を一緒に乗せる意味。
   ことわざの出典 易経

確かに鬼を載せているのだから危険な状態ですが
易経では鬼と一緒に乗るという意味ではないので
ちょっと不思議な感じです。
[PR]
by yukinohana03jp | 2011-04-09 19:41 | 易の知識

寒川神社に行ってきました

青春18切符を使って、寒川神社に行ってきました。

寒川さんは日本で唯一八方除けができる神社です。
元々神奈川県民の私にとっては、とてもなじみのある神社です。
神社のある駅は相模線で、単線のため元々本数が多くありません。
さらに計画停電の関係で前日まで運休や折り返し運転があったのですが、
出かけた日は幸いにも地震以来初の平常運転でした。

この神社は日本のレイラインにあるということを知りました。
とても納得しました。
なぜかわかりませんが、ここは他のところと違うという気がします。
家の中にお札を貼ると、守られている気がします。


<引用>
千葉県外房の上総一ノ宮にある玉前神社では、
真東を向いた参道から登った太陽の光が
参道と一の鳥居二の鳥居を突き抜けて、西へ向かっていく。
その光は、東京湾を渡り、寒川神社へ達する。
さらにその先、富士山頂、日蓮宗の聖山である七面山、
琵琶湖竹生島の弁財天社、
大江元伊勢のご神体山である日室岳(城山427.3m)、
中国地方の名山大山の大神山神社、
そして、出雲大社と本州を横断していく。
http://www.geocities.jp/yasuko8787/80621.htm#okure
[PR]
by yukinohana03jp | 2011-04-03 00:31 | その他
伝言板
●占いサロン、フェスタ、フリマで占いをしています。
 下記の <カテゴリ> の
 「おしらせ」をご覧ください
カテゴリ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧