占い師 雪花 ( ゆきはな ) in 栃木

よき占い師になれますように。
by yukinohana03jp
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

占いで日本一周

いろいろとブログを見ていたら、占いをしながら、自転車で日本一周する人がいた。
それぞれの街で占いをして、そのお金で寝食をまかなう。
結構、すごい話です。
でも、それなりに稼いでしまうのかなと思うと、不思議な気もします。

占い師というのは、妖しい分野に属しているんだけど
多分、とても古い時代から存在している職業だ。
あがめられたり、軽蔑されたり、両極端の評価がある。

でも、誰もが覗いてみたい自分のこと。
占い師に聞いてみたくなるのは、いつの時代もかわらない。

街占をやってみたいけれど、いろいろ問題があるから、難しそうです。
[PR]
by yukinohana03jp | 2010-09-25 22:49 | 占い関連

フリマ 第3回目

今回は 御幸ヶ原 のフリマに出店しました。
規模としては、石橋の方が多いのですが
アットホームな雰囲気がするフリマです。

今回は他の出店者の方と他に何人か占う事が出来ました。

他の出店方たちと話していると、なにか昔の文化祭を思い出します。
占いをしていることを知ってもらい、鑑定をすることが目的の
フリマ出店ですが、
出店という同じ立場で、話す相手がいるのも楽しいものです。
梨も頂き、とても嬉しかったです。ありがとうございます。

私は栃木に住み始めて2年目ですが、こういうことを通して
知り合いが増えていくのも楽しいな、と思いました。

でも、暑かったです。
[PR]
by yukinohana03jp | 2010-09-21 06:28 | 占い関連

フリマ 第2回目

無事に「フリマ 第2回目」が終了しました。

フリマのお客さん十数名の方を占うことができました。
前回の出店をご覧になって、今回頼んでいただけた方もいました。
他の出店者の方も来て頂けました。

午前中は、比較的すいていましたが
午後は多くの方に来て頂き、お待ち頂くことになってしまう時もありました。
申し訳ないことと思っています。
もし、またおいで頂けるようなことがありましたら、
午前中においで頂けると、お待ち頂くことが少ないと思います。

ご縁がありました皆様、本当にありがとうございました。
[PR]
by yukinohana03jp | 2010-09-12 19:25 | 占い関連

易占と日本文学-1 竹取物語その1

前に下記の本を購入していました。

「易占と日本文学」山本唯一さん著 清水弘文堂

易経と古典文学の関係はあまりとりあげられることはありませんが
著者は占いという側面があるため、無視されていると語っています。
これはエジプトのピラミッドの呪いとか、建築の家相が、学者に
無視されてきたことに似ています。

いくつかの文学と易経の関係を説明しています。
竹取物語(かぐや姫)の話はとても有名です。
この話を易の「天風こう」という卦と関連づけています。
この卦の画象は外卦に「天」内卦に「風」です。
それぞれの表しているもののなかに
「天」天、宝石、金、果実
「風」木、長女
そして卦の象は 「女性一人に男性5人、不貞」

つまり、子供のいなかった竹取の翁が、木(竹)の中から、
女の子(長女)を見つける。
その後、夜ごとに翁は金のある竹を見つけるようになる。
易は内卦から、外卦を見ていくので、この順番になります
そして、成長した女の子は、大変美しい女性になる。
「天風こう」は、「多くの男性の中に、一人の女性があらわれ、
魅惑していく。その女性は不貞である」という意があります。
かぐや姫が美しく、周りの男性を魅惑していくのは有名ですが
実は月世界で罪を犯して地上におりてきたという部分は
案外忘れられています。
なにか、この卦を象徴しているような物語です。

次回は5人の求婚者の話です。
[PR]
by yukinohana03jp | 2010-09-07 11:23 | 易関連雑学

お墓まいり

現在私は実家から離れたところに住んでいますが、
実は父と祖父母の眠るお墓は、
今の住まいから車で1時間半のところにあります。
昨年、海外から帰国して、この地に住み始めてから
気にはなっていても、なかなかお墓参りにいけませんでした。

この8月のお盆に、ひさしぶりにいった時には
残念ながら、あまりきれいな状態ではありませんでした。
それから、バケツやひしゃく、雑草とり用の手袋、シャベル
墓みがき用のスポンジやヘラを買い求めました。
この土曜日に、今度はお掃除をかねてのお墓参りです。

6帖ほどの墓地の草取りは完全にはできませんでしたが
お墓はきれいになりました。
すきだったお酒もかけて、お花とお線香。
とても気持ちがすっきりしました。

次の日、体のあちこちが痛いのは、運動不足だからでしょうか。
できれば、命日の前にもう一度でかけて、
さらにきれいにしたいと、ちょっとはりきっています。
[PR]
by yukinohana03jp | 2010-09-06 09:29 | その他

テレビ番組で

テレビ番組で占い依存症のことをやっていました。
興味深く、見ました。
サマンサという女性が占いに入り込み、大きな成功をするけれど
そのあとに仕事も家庭もなにもかも失い、借金も抱えるまでに。


この番組を見て、いくつか感じることがありました。

サマンサがこんなに信じ込むほど、占いはあたったのか?

どうして、占いをアドバイスのひとつと、とらえなかったのか?

サマンサはかなりの地位を手にいれるほど成功したために
周りの人を信じられずに、占いに、いろんなことを求めすぎたのだろうか

長い歴史の中に占いという分野は、
いつもひっそりと存在していたとおもいます。
占いが主にならないで、従として使っていけばいいのかなと思います。

私にとっては、占いは「きづき」なのだと思います。
半分以上は自分でも気づいていることを、占者と共に確認していく。
時には無意識の自分が教えてくれるときも・・
もちろん、それ以外の力もあると思いますが

お酒が、楽しむための道具として飲むのは良いけれど
お酒を飲むことが目的になって、身体や人生をこわしたら、悲しいことです。
[PR]
by yukinohana03jp | 2010-09-03 07:53 | その他
伝言板
●占いサロン、フェスタ、フリマで占いをしています。
 下記の <カテゴリ> の
 「おしらせ」をご覧ください
カテゴリ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧