占い師 雪花 ( ゆきはな ) in 栃木

よき占い師になれますように。
by yukinohana03jp
プロフィールを見る
画像一覧

鬼を一車に載す

2011年4月8日 の asahi.com(朝日新聞社) の 原発の事故についての記事のタイトルです。

<引用>
 人類の歴史上、ルネサンス以後に広まった普遍的な新興宗教は「科学」だ。その進歩は常に人類に福音をもたらすと、万能の神のごとく絶対視されてきた。確かに今日まで文明の進歩に貢献してきた。
 その科学信仰が揺らぎ始めたのは、ヒロシマ・ナガサキの悲劇をもたらした核兵器の開発だった。科学が初めて人類を滅亡にさらすもろ刃の剣であることが証明されたからだ。
 それでも科学は核も制御できると人類は挑戦を続け、化石燃料に代わるエネルギー源として放射能を原子炉に閉じ込める原子力発電に踏み切った。その恩恵に浴している我々だが、原発事故で飛散した放射能に被曝(ひばく)したかどうかは視覚、聴覚、嗅覚(きゅうかく)、味覚、触覚の人間の五感では感知できない。怖い鬼を同乗させる「鬼を一車に載す」恐ろしさがある。

「鬼を一車に載す」という表現は 易経の中にあります。
38番目の卦 「火沢けい」の上九の爻辞にその文があります。
鬼とは幽霊のようなものです。
疑いの心をもって相手を見ると、相手の車を曳いているのは汚い豚、
その車には鬼がたくさん乗っている。弓をつがえて相手を射ようとするが
だんだん近づいてくると、それは誤解だとわかり、弓をおろす。
その相手は敵ではなく、結婚すべき相手であった。

というふうな、なかなか深い話なのです。

ネットのことわざ事典では下記のように書かれています。
鬼を一車に載すの意味
非常に恐ろしく危険なことのたとえで、一台の車に、鬼を一緒に乗せる意味。
   ことわざの出典 易経

確かに鬼を載せているのだから危険な状態ですが
易経では鬼と一緒に乗るという意味ではないので
ちょっと不思議な感じです。
[PR]
by yukinohana03jp | 2011-04-09 19:41 | 易の知識
伝言板
●占いサロン、フェスタ、フリマで占いをしています。
 下記の <カテゴリ> の
 「おしらせ」をご覧ください
カテゴリ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧