占い師 雪花 ( ゆきはな ) in 栃木

よき占い師になれますように。
by yukinohana03jp
プロフィールを見る
画像一覧

易の書物-3 

易占と易経は完全に同じではないと思っています。
易占の基本は易経ですが、その解釈にはまってしまうと
いろいろなことにとらわれてしまうと思います。

私が師事していた先生は、易経の書物については、
それほど時間をかけてはいなかったような気がします。
もちろん占い師になるとしたら、易経の書物(経文+十翼)に向き合うのは
必然なことで、それは独学でできるということだったと思っています。
なにせ、たくさんの書籍が出版されていますから。

ただ、あまり卦辞の漢字一つ一つにこだわると
もっと大切なことを見過ごしてしまうということを伝えたかったのかなとも思います。
64卦の卦辞の文字数はさまざまです。
内容も、いかにも占いの言葉だと思えるような、情景が浮かぶものから
そっけなく、その言葉以外のものを読み取りにくいものがあります。
読み取りにくい辞は、似たような漢字が随所に使われており、
ついその順序にこそ意味が・・・と勘ぐってしまいます。
前にも書いたように、囚われの身だった後の文王が、仲間との伝言に使っていたという
説を読むと、だからこうなのかと納得したり・・・

この書はやはり不思議な力があると思います。
[PR]
by yukinohana03jp | 2010-07-22 22:28 | 易の知識
伝言板
●占いサロン、フェスタ、フリマで占いをしています。
 下記の <カテゴリ> の
 「おしらせ」をご覧ください
カテゴリ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧