占い師 雪花 ( ゆきはな ) in 栃木

よき占い師になれますように。
by yukinohana03jp
プロフィールを見る
画像一覧

易の書物-1

周易の書物は、経文と周易翼伝に分けられています。

■経文(けいぶん)
 経文は、64卦の占いの辞(ことば)です。
 人生において遭遇すると考えられる、さまざまな場面を
 64卦にあて説明されています。
 この卦辞は、周の文王が作ったと言われています。
 もちろん、長い間にはその辞は補訂されていったことも、想像できます。

■周易翼伝(しゅうえきよくでん)
 そして、経文を補佐するために、下記の10冊の翼伝があります。
 上下巻がありますので、実際は7種の書物になります。
 彖伝上下、象伝上下、繫辞伝上下、文言伝、説卦伝、序卦伝、雑卦伝。
 翼伝は、経文の理解を助ける書物であり、経文を鳥の胴体に見立てれば、
 鳥の機能を果たす翼の役にあたる書物といえます。
[PR]
by yukinohana03jp | 2010-07-20 09:05 | 易の知識
伝言板
●占いサロン、フェスタ、フリマで占いをしています。
 下記の <カテゴリ> の
 「おしらせ」をご覧ください
カテゴリ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧