占い師 雪花 ( ゆきはな ) in 栃木

よき占い師になれますように。
by yukinohana03jp
プロフィールを見る
画像一覧

「易」 という文字-1

易という文字の字源には、二つの説が言われています。
ひとつは 「トカゲ」 、もう一つは 「日月」 です。

「易」という文字は、象形であり、上の「日」の部分が頭、
下の「勿」の部分が胴体・脚を表している、と言うのです。
トカゲは一日に何度も色を変えて生きていく、この姿が易に通じるという考え方です。

次の「日月」説は、「日」は陽をかたどり、「月」は陰をかたどる。
易は陰陽を根本にするものだから、日と月を合わせた文字であるという考え方です。

最初にこの二つの説を聞いたときには、
「日月」の方がきれいだし、わかりやすいと思いました。
しかし、易を勉強するにつれ、その奥深さと、
人をくったような、とらえどころのない姿から、
いまは「トカゲ」説に納得しています。
[PR]
by yukinohana03jp | 2010-07-18 07:24 | 易の知識
伝言板
●占いサロン、フェスタ、フリマで占いをしています。
 下記の <カテゴリ> の
 「おしらせ」をご覧ください
カテゴリ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧