占い師 雪花 ( ゆきはな ) in 栃木

よき占い師になれますように。
by yukinohana03jp
プロフィールを見る
画像一覧

易の歴史ー2

八卦をつくったと言われている伏犠(包犠)は牛身人面といわれています。
伝説の話といっても、これを読んだときはさすがに驚いたのですが
ギリシャ神話にも、そういったものはあった訳だし・・と無理矢理納得。
でも、数ある神様の一人ならいいけど、一番上の神様なのに・・と
少し不思議な感じもしたのを覚えています。

さて、易には下記の言葉があります。
「易は深し、人は三聖を更(へ)、世は三古を歴(へ)たり」
三聖とは三聖人のことで、
八卦を作った伏犠、卦爻辞を書いた文王・周公、十翼が孔子
この3人がつくり、その間に3つの時代を経過した、という意味です。

つまり、いまの「周易」は周の時代(B.C 1050-B.C.250)の前半に
文王によって、いま伝われている64卦になったのです。
周の時代に作られたので「周易」です。
(いくつかの説がありますが、この説が一般的です)
[PR]
by yukinohana03jp | 2010-07-16 09:38 | 易の知識
伝言板
●占いサロン、フェスタ、フリマで占いをしています。
 下記の <カテゴリ> の
 「おしらせ」をご覧ください
カテゴリ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧